新着情報

福岡記念病院から新着情報のご案内です。

2016年10月アーカイブ

来る、平成28年11月18日(金)に福岡西部地区医療連携講演会を下記のとおり開催いたします。参加ご希望の方は 地域医療連携室(TEL:092-821-7446(直通)/受付時間 8:30~17:00)までご連絡ください。
ご多用中とは存じますが、多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げまして、ご案内いたします。
■ 開催概要

参加対象者
医療従事者
開催日時
平成28年 11 18 日(金) 18:40~20:00
開催場所
医療法人大成会福岡記念病院 リハビリ棟2階講義室
内容
[講演テーマ]

  最新のエビデンスが導く
        糖尿病診療UP-TO-DATE


             国立大学法人 熊本大学医学部付属病院
             糖尿病・代謝・内分泌内科   講師 松村 剛先生
dr.T Matsumura.jpg
※ 講演会は盛会のうちに終了しました。多数の方々のご参加、誠にありがとうございました。
 当日の様子は地域医療連携室ページ内「地域連携のつどい」にて、ご紹介させていただきます。

20161118.jpg
来る、平成28年11月16日(水)に「Face to Face ~顔の見える連携~」を目的とした、看護研修会を下記のとおり開催いたします。参加ご希望の方は 地域医療連携室(TEL:092-821-7446(直通)/受付時間 8:30~17:00)までご連絡ください。
ご多用中とは存じますが、多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げまして、ご案内いたします。

■ 開催概要

参加対象者
医療従事者(介護施設職員含む)
開催日時
平成28年 11 16 日(水) 17:45~18:45
開催場所
医療法人大成会福岡記念病院 リハビリ棟2階講義室
内容
[講演テーマ]


 最近の褥瘡ケア・薬剤の使い方について

                  福岡記念病院
                     皮膚・排泄ケア認定看護師
                            佐藤 桃琴恵
TokieSato.jpg
※ 看護研究会案内ポスターはコチラ

※ 講演会は盛会のうちに終了しました。多数の方々に、ご参加いただき誠にありがとうございました。

20161116_kango.jpg
この度、循環器内科では、福岡市民病院循環器内科診療総括部長・ハートセンター長である弘永潔先生にお越しいただき、難易度の高い慢性冠動脈閉塞病変(CTO)に対する経皮的冠動脈インターベンションを(PCI)をOCT(Optical Coherence Tomography:光干渉断層法)を用いて施行していただきました。

20161013_OCT.JPG
下段右3人目:福岡市民病院循環器内科診療総括部長 弘永潔先生/下段左2人目:循環器内科部長 舛元章浩先生


OCT(Optical Coherence Tomography:光干渉断層法)とは

OCT(Optical Coherence Tomography:光干渉断層法)は、血管内超音波検査と同様に経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行する際に行う検査の1つで冠動脈内の様子を詳細に評価出来る検査です。
OCTの特徴は血管内超音波検査(IVUS)と比べて解像度が約10-15μmとIVUSの約10倍の高い分解能を有し、IVUSの弱点である石灰化や血栓などの評価に役立つ事が期待されています。
この度、以下日程にて地域医療連携機関の皆さまを対象とした「医療安全研修会」を開催いたします。ご多用中と存じますが、多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げましてご案内いたします。
参加ご希望の方は、地域医療連携室(TEL:092-821-7446(直通)/受付時間 8:30~17:00)までご連絡ください。
日時
平成28年1028(金) 17:45~18:30
場所
福岡記念病院 リハビリ棟2階 講義室
内容

【テーマ】 安全な薬剤管理
【内容】

  •   病棟での薬剤管理 (講師:福岡記念病院 看護部 HCU主任 園田裕也)
  •   入院中の睡眠薬使用について (講師:福岡記念病院 薬剤師 宇佐美慎)
  •   薬剤と転倒転落 (講師:福岡記念病院看護部 南2階病棟主任 詫間優子)

詳細はコチラ → 「地域包括ケア施設を対象とする医療安全研修会」開催案内


※ 講演会は盛会のうちに終了しました。多数の方々にご参加いただき誠にありがとうございました。

20161028_anzen.jpg

中村知久先生(当院研修医6期生、久留米大学心臓血管内科)、舛元章浩先生(副院長、循環器内科部長)、黒田康夫(院長、脳神経内科部長)、福本義弘先生(久留米大学心臓血管内科 主任教授)らが執筆した当院からの症例報告が、世界的にも権威ある英文医学誌EUROPEAN HEART JOUNAL」にアクセプト(受理)されました。

    
雑誌名
EUROPEAN HEART JOUNAL
インパクトファクター
15.064
論文名
Acute heart failure caused by mechanical valve leaflet dislodgement at the mitral position
著者
Nakamura T, Masumoto A, Tahara N, Kuroda Y, Fukumoto Y,
来る、平成28年10月20日(水)に福岡市西南部 大腿骨頭を考える会を開催いたします。
参加ご希望の方は 地域医療連携室(TEL:092-821-7446(直通)/受付時間 8:30~17:00)までご連絡ください。
ご多用中と存じますが、多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げましてご案内いたします。

■ 開催概要
参加対象
医療従事者
開催日時
平成28年1020(水) 18:30~(1時間を予定)
開催場所
社会医療法人大成会 福岡記念病院  リハビリ棟2階「講義室」
内容
[情報提供]  ボンビバ錠について
[講演 1]  大腿骨近位部骨折術後のリハビリテーション
                                               社会医療法人大成会福岡記念病院 リハビリテーション科
                                                      理学療法士 坂本 大和さん
[講演 2]  大腿骨骨折に対する当院の取り組み
                                              社会福祉法人誠和会 牟田病院 リハビリテーション科
                                                   主任 北嶋 優一先生
[講演 3]  大腿骨近位部骨折のリハビリテーション
                                            特定医療法人 長尾病院
                                                 理事長 服部 文忠先生
nagaohp_hattoridr.jpg
※ 講演会は盛会のうちに終了しました。多数の方々にご参加いただき誠にありがとうございました。
 当日の様子は地域医療連携室ページ内「地域連携のつどい」にて、ご紹介させていただきます。

 
20161020_tudoi.jpg